忍者ブログ

デフレは人災。 その説明
( 初回2011年4月)
(2012/06-20少し更新)
(201207-01政府発行から国債発行変更)

最初

モデルを作ると

1),国家と民間

2),国家と民間企業と民間人

3),国家と民間企業のうち土建屋とその職員とその他民間企業

4),政府と日銀と民間企業のうち土建屋とその職員とその他民間企業

5),政府と日銀と銀行と民間企業のうち土建屋とその職員とその他民間企業

6),政府と日銀と銀行と民間企業のうち土建屋とその職員とその他民間企業と税務署

ここから解説します。

初級編: 101112131415

中級編: 1,2,3,4,5,6,7,8,9,10

上級編: 1,2,3,4,5,6,7,8,9,10

さらに: ???

リクエストがあれば下に加えましょう。

7),政府と日銀と銀行と民間企業のうち土建屋とその職員とその他民間企業と税務署

8),政府と日銀と銀行と民間企業のうち土建屋とその職員とその他民間企業と税務署

9),政府と日銀と銀行と民間企業のうち土建屋とその職員とその他民間企業と税務署

a),政府と日銀と銀行と民間企業のうち土建屋とその職員とその他民間企業と税務署


maegaki.html

http://imi.or.jp/youtube/video/basic-income/

http://imi.or.jp/youtube/video/


この文章のありか http://imi.or.jp/youtube/video/basic-income/

関連ブログ: http://nippon.tou3.com/


前書き:
 

国家の財政における国債の残高の数字を挙げて国家破産するとことさらに問題視させようと扇動する人がいる。
イルミナティに雇われた御用学者や自称経済評論家+旧コミュンテルンとかが入り混じり。かれらはマスゴミ(マスコミ)を媒体にして撒き散らしている。
結果的にその情報操作により衆愚に貶め、誤解させられている国民がここにいる。
大東亜戦争終了時から日銀を筆頭とする銀行をイルミナティやフリーメーソン(石屋組合)(頭目はロックフェラー)が制御し、ソ連の謀略戦やスパイ
も合わさって米国政府を操りGHQ(コミュンテルンの工作員多数)に命じて文部省経由で国民を洗脳した結果であり、悪い意味で見事な教育の産物である。
こうした666な連中がインチキ・詐欺・まやかしが、国民全員を無意識の内に「椅子取りゲーム」に興じさせて強いる。
デフレ・GDP低下・株安など日本の経済価値の低下をもたらし、国民はその経済的な焼け野原において喘ぎつつ資産減少し、起業の減少し、負け組みは倒産し
失業の増加を生み日本人らしいひ弱で生真面目な企業家たちは自殺を選ぶという状態を作り出す。余裕の無い社会はさらに文化をも衰退させる。
こうして無垢な国民から楽しみを奪い、希望も不安で打ち消し不幸感で満たす。国民自体はそのあきらめの良い国民性を更に加速させ熟成させる。
さらに不幸なのは、国民一人ひとりが、世間の情緒的な根拠の無い常識により知らないばかりか、お互いを叱り合い、縛り合い、首を絞めあっていることに気が付かないことだ。
無知とは本当に怖いものである。これはある意味本当に滑稽である。私はこの様を笑い続けていた。
だが、東日本震災の政府の対応のテイタラクを見るのを機に、とても許容できない程に達してしまった。我慢の限界を超えた。
そしてこのまま見捨てては置けない気持ちで一杯になってしまった。
そこで、私はまず財政から解決策を示すという方法で、具体的に「国の借金の亡霊」という馬鹿げた間違った常識を打倒することから始める。
過去にもこれを話題として数人に知らせたことがあった、皆これを理解した。だが説明には多くの時間を費やした。自分の伝え方が下手だったのだ。
そこで、今度はできるだけ容易に解かるようにと説明しようとする試みをしている。それがこのビデオである。
相変わらず説明は下手だが数字ばかりの画像であるが紙よりは未だ若干マシだろう。
理解するには算数程度の計算能力があれば理解可能なように工夫したつもりである。これを元に伝えるのが上手な人に伝えてもらいたい。


続きと他形式クリア画像:

http:/imi.or.jp/youtube/video/basic-income/201103/

http:/nippon.tou3.com/
 

内容:

現在の日本のデフレは人災。

これを理解するためには国民が自らその洗脳を解くのがまず最初。
理解の為には多少の算数が必要で、頭を入れて勉強することも必要。
表計算を使ってグラフ表示した。こうしていけば、誰が貴方を欺いているのかという妙な仕組みを徐々にでも理解できるに違いない。
TVや新聞や政府の発表では読めないものが見えてくる。

まずは興味を持つ。持てば知識を得易い。知識は理解につなが。理解したら次は貴方が再帰的に私と同じ様にする。
つまり周りに説明する。これをマルチ商法のように伝承すれば、いずれこの知識は拡散して正しい常識として世間が認識する。

これがいずれは国や政府に反映される事を願う。ネット時代だ。意外と早く普及するかもしれないと自分は予想しそれを期待している。

以下に知らしめるべきことを具体的に記述した。

国や政府に行わせるべきことは、まず「国の借金の千兆円は怖くない」と国民に知らせ、財源や通貨発行は政府が指揮権を取り戻させ、政府発行通貨券を発行したり、
国債の発行を積極的に行ったり、日銀から(国民)政府が通貨発行権を取り戻したり、郵貯を国有に戻し、国民は皆口座にし、直接現金給付の仕組みを整え簡素化し、
国民にゆうちょの口座に国から定期的に数字を受け取らせることである。

この定期的に国民皆給付金するという制度の導入すべしとの考え方は誕生して3百年程で決して新しいものではない。
理想とは言われつつも過去世界において実現出来なかったのは、時代の環境の所為である。
この仕組みを生活基礎収入(ベーシック・インカム)(basic income)と呼ぶ。日本ではこのBIを世界に先駆けて理想社会に向けて実現させることが出来る環境がある。

さらに付随した提案として、細かい話もすると
徴税方法とかは、時の大臣もわからないような難しい徴税方法を改め、消費税を軸に単純化し、所得税を低水準にし企業の誘致を促し、資産税を新規で導入し、相続税を廃止する。
in/hold/out全部に課税、脱税厳罰)として、これで税務署員は減らせる。

通貨の配布方法の内、国民への直接の配分を増やせば、その他は公共事業である。
つまり土建屋(特殊法人を含む)を通じた通貨供給方法を減らすことができる。これで、地元に「通貨を配る手段のとしての工事」が減る。
(補足20120701:公共事業はこれから必要となっていく。)

こうして国家の財政の使い道である消費の選択を官ではなく国民が取り戻すことができる。

さらに細かい話で年金は一旦リセットし、今までの積み立てを全額国民に返納すれば、文句なしだ。BIで代替が効く。

このようにして世界で初めて生活基礎年金を日本が採用したとすれば、底辺の所得層の所得が増えて、生きるための消費に回せることになる。
これは官からのお仕着せの配給ではない。自らがその必要な品を見つけ出し、好みの商品を購入できて、結果的に必要品の消費を増進させる。

企業は公共事業の受け取りに興じること無く、人々の需要に合わせた製品の生産を増や努力をするようになる。

所得の低い層の一部は端金(はしたがね)を得る為の犯行を思いつくが、何とか食える環境があれば、犯行を躊躇させる効果はあるだろうし、結果犯罪は減るに違いない。

月数万の配布は金持ちはそれほど影響はないが、極貧層が少なくなることにより、札束で人を動かすことは少しだけ難しくなるだろう。
労働させる立場の経営者であるならばなお更である。
低所得者層を今までのように生活苦を担保にさせて、不当に安くこき使う事が出来なくなるし、安い対価で利用することが困難になるからだ。

人口の割合では低所得者層が多い。その多く人々には経済的余裕が与えられる。その余裕は時間的余裕に繋がり、さらには精神的余裕を与える。

この多面的な余裕が、自然と己と向き合う時間を多くし、各々は自分に見合った職業・職種を見つけたり就いたりし易くする機会を与える。
人は人生の多くの時間を仕事で費やすが、自分に合う職からは幸福感が与えられる。こうして人々は幸福になり多少の苦痛を乗り越える力となる。
力を蓄えた人は本来の自分を取り戻し、より多くの人が、この地上においての自らの使命を見つけられるかもしれない。
使命を持った人はさらに強く生きていけるようになる。

企業は、利益追求するにしろ、歪んだ消費構造に寄らない「人々の必要」という本来の消費を基にした経営をすることになる。
自動的に社会的な貢献を重視するようになるだろう。

自営業者は不安定所得なので経営不振から来る資金不足で生活苦に陥ることがあるが、生きて行けないのでは?という怖れに怯えなくて済む。
自ら働けない無収入の経済的弱者になっても最低限の経済的余裕から安心感と余暇を持てる。

老人は、安定した年金としての給付を受けるので、(補記:高齢BIは別途用意すれば良い)介護人にその対価を渡せる。
綺麗事ではなく、自分への介護を有利に受けるには何らかの対価を与える事が必要だろう。
もし無報酬だとすれば介護人の扱いが悪くなるかもしれない。
そこで
ご機嫌を伺う必要があり、老人は介護人に過剰に気を使い、お願いしたり、介護人に無理に愛想を振りまく必要があるかもしれない。
嫌われないようにする事が必要だろう。だが、年金的給付金があれば、老人はそうした気の使いようから解放されて、金で対価を払える。
ひいては
人間としての誇りを維持し易くなるだろう。

これらの時間的な余裕や精神的な余裕は大枠で「知力の余剰」と呼んでいる。
現在のように大半の者が、「お金を集めること関連」に「知力の10%以上」費やしているのではないだろうか?
貧困者はこの比率はもっと高いだろう。BIならその部分を開放できる。知力の余剰を与えることが出来る。

老人には誇りと気持ちの余裕と時間の余裕ができて、後輩に知恵・知識・歴史の伝承と指導する余裕が与えられる事になる。

夫婦は家庭内での収入の差による不当な上下関係は根拠を失い、女性への抑圧は減り平安になる。

子育て世代の親は、育児費用に囚われずに安心して子供を育てられるとなれば、子育てに関わる経費の問題は一掃されて安心して出産できる。
このようにして出産率の低下は一気に解消できて、今までに行った様々な子育て支援政策の愚かさが過去の笑い話になる。

また親は子育てに費やす時間が持てる。親と過ごす時間が多い子は情緒が安定し、情操と教育は充実し、結果的に子供は社会の規律を早くに得る。

知力の余剰により、起業したい者は時間的余裕を与えられて、じっくり考える余裕が出来て、より良いサービスや互いの為に必要性の高い製品や
研究ができるので、起業を成功させ易くなり、産業が産み易くなる。
金儲けのみの経済成長から必要なものの経済が発展する。こうした起業人を育成すれば社会を断層的に変革をもたらす可能性が高くなる。
これに加えてさらに起業人に数回の国家からの無条件の直接融資のチャンスを与えれば、さらに産業面から国力増大に繋がるだろう。
ベーシックキャピタル(国民基礎投資?)と呼ぶようなものである。一生の内に2-3度そのチャンスを与えるのだ。
 
知力の余剰は芸術や文化方面にもにも良い影響を与える。
才能を持つ者は、目先のアルバイトに煩わせられる事無く、持つ才能に近い分野に従事しその能力を生かすことが出来る。
結果的に文化を発展させ、人々を花を置くように潤せて豊かな社会にできるだろう。
 
徴税・年金部門で官が金に関われなくなれば、官僚天下を終焉させられる。バブル崩壊からの20年のデフレ継続は過去の愚かな歴史と認識されそれは良い教訓となり教科書に載る。 
 
政府や国会は財政規律の幻想の呪縛から開放させれて、資金分配の為の会議の時間が無用になるので本当に必要な政策を考え実行できる。
政策の自由度が増し、本当の民の幸福や文化の発展を考える政治が行われる。
 
こうして日本は世界の中でどこより理想的な国家と呼ばれるに違いない。このように経済の仕組みをちょっと変えるだけで日本の問題の多くを根本から良くすることが出来る。
 
BIだけで構造的な諸問題のほとんどを解決できるのである。もちろんこの提案だけで全ての問題を解決することはできないが、
法的に単純で運用も単純明快、導入も容易である。経済の仕組みを少し変えるだけで多くの解決ができるのだ。
  
このBIを実現させる為の手間、実行するにあたっての必要な実の富の消費は殆ど無い。金額的に見てもコストは殆ど無いという非常に安価な方法である。
 
理想は述べた。良いこと尽くめである。だが問題はある。それは貴方がこれを理解ができるかどうかだ。どうしても分からないというなら試してみるが良い。 
最大の難関という人も居る。とりあえず東日本震災の被害者だけでも配布してみたら良いだろうか。
毎月10万円を被災者50万人に配ると年間で6000億円だ。ただしこの額を捻出するのに市中から集めた税金で払ってはいけない。
政府が政府の権限で政府発行券を発券すればよいだけだ。私の主張は、政府は国債によって多くの財源を造りBIによって通貨を配るべしということである。
(★20120701:変更。今までは政府発行券に重点を置いてきたが、国債発行の方が優れていると気がついた。そこで政府発行券から国債に変更しています。)
 
 
 
 
結論:

このように私の提案は、
・何らかの方法で政府が己の通貨発行権を使って財源を作る。国債は最も良い。
・政府支出を一部をBI(ベーシックインカム)として安定的に民に配る。定額の配布をする。
この方法をセットで行えば、大方の分野について日本の再構築を目指すことができる。
 
対反論:

もしこれに反対の意見をしたい人だ要いるならば、「洗脳を受けたまま」なのか「これを実行しては本当に困る輩」かのどちらかであろう。
後者の意図的に反対するものは少数である。彼らを説得しようとは思わない。だが、貴方がもし前者ならその洗脳を解く必要があるでしょう。
貴方は己の常識をまず疑うべきであり、真実を知ろうとして欲しい。
そして貴方を無意識にイス取りゲームに参加させその実は奴隷として縛っている少人数だが巨大な力を持つ資本家の人々と戦って欲しい。
その背後で動く悪霊とも。私はこの動画を見てもらった人が全てが妙な呪縛から開放されることを願うものある。
  
jesus_name_amen   AIBA0 

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
検索はここから
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
私は何者?
HN:
気ままな父さん
年齢:
61
性別:
男性
誕生日:
1956/10/12
職業:
フリーター
趣味:
預言 つぶやき 経済統計 数学
自己紹介:
海外を渡って、所謂イルミナティ(気弱な金持ちの互助会)と対峙している世界を見た。
その中に飛び込んだ経験から、陰謀論的な書き込みに見えるかもしれないけれどもが、
体験したもののとか確信したものを積み立てた結果を書いています。
ですが、普通の人には結構驚いてくれるかもしれませんね。
パッと目には陰謀論じゃないとみられることもある内容です。
すべて体験済のことがベースです。フィクションを書くつもりgはありません。
ま、そんな感じでオリジナルな分析で好きなこと書き込んでます。
IX お魚のマークです  I l o v e j e s u s
Skype=basic_income
プロフィール
HN:
気ままな父さん
年齢:
61
性別:
男性
誕生日:
1956/10/12
職業:
フリーター
趣味:
預言 つぶやき 経済統計 数学
自己紹介:
海外を渡って、所謂イルミナティ(気弱な金持ちの互助会)と対峙している世界を見た。
その中に飛び込んだ経験から、陰謀論的な書き込みに見えるかもしれないけれどもが、
体験したもののとか確信したものを積み立てた結果を書いています。
ですが、普通の人には結構驚いてくれるかもしれませんね。
パッと目には陰謀論じゃないとみられることもある内容です。
すべて体験済のことがベースです。フィクションを書くつもりgはありません。
ま、そんな感じでオリジナルな分析で好きなこと書き込んでます。
IX お魚のマークです  I l o v e j e s u s
Skype=basic_income
フリーエリア
最新CM
[11/23 オメガ時計 メンズ]
[11/20 Best Apps for Android Mobile Phone]
[11/05 Andrea Gibson]
[10/30 コピーブランド]
[10/30 フランク ミュラーコピー]
[10/30 偽ブランド 通販]
[10/29 ブランド激安市場時計専門店]
[10/29 エルメスコピー]
[10/29 偽ブランド 通販]
[10/29 ブランド偽物]
[10/29 ウブロブランド激安市場]
[10/28 ブランドコピー]
[10/28 フランクミュラーブランド激安市場]
[10/27 ブランド コピー]
[10/22 ブランド時計コピー]
[10/07 http://www.0016h.com]
[10/05 ーブランド代引]
[10/04 http://2017.jpreason.com]
[10/02 http://2017.gjpmall.net]
[10/01 Sarah Carlson]
[09/29 http://www.njpex.net]
[09/28 http://2017.goduy.com]
[09/26 http://2017.jpreason.com]
[09/24 Sarah Carlson]
[09/23 http://www.gjpmall.net]
最新記事
(11/08)
(07/29)
(07/25)
(05/19)
(05/03)
(05/03)
(04/09)
(03/11)
(03/04)
(02/23)
(02/23)
(02/23)
(02/23)
(02/16)
(02/16)
(01/24)
(12/24)
(10/13)
(09/14)
(08/19)
(07/16)
(07/06)
(06/11)
(06/09)
(03/31)
バーコード
アーカイブ
最古記事
(01/01)
(08/23)
(11/08)
(11/08)
(11/08)
(11/08)
(11/09)
(11/10)
(11/10)
(11/15)
(11/20)
(11/21)
(11/28)
(12/07)
(12/09)
(12/10)
(12/15)
(12/23)
(05/31)
(06/02)
(06/10)
(08/13)
(08/13)
(08/13)
(08/16)
P R
ブログ内検索
アクセス解析
人気ブログランキングへ
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) 日本倒産(銀行資本主義に騙され見破れなかったある極東の国家の末路の歴史「22世紀の世界史教科書13ページ」) All Rights Reserved