忍者ブログ

産経新聞の論説員でさえとうとうバラマキを言い出した

2ページに渡って記事が出た。

  • 経済学というものは複雑かつ難解なようでいて、大家の回答はいたってシンプルである。近代経済学の巨頭、J・M・ケインズは不況対策として、紙幣を大きな瓶に詰めて廃坑の奥深く埋めろ、あとは自由放任、民間企業に掘り起こさせればよいと真顔で説いた。
    • やっとね。当たり前のことが20年かかった。
  • 地下のどこかに眠る巨額のマネーを目当てに、多くの企業が競い合って技術や設備を動員し、ヒトを雇用して、発掘に励む。見つかったおカネは使われ、経済全体に回るようになるので、景気は確実によくなるというわけである。
    • お金は虚数と同じ
  • この紙幣大作戦、頭の固い財務省や日銀の官僚、あるいは官僚の意のままの主流派経済学者たちは「そんなことできません」と拒否するだろう。でなくても生真面目な日本人の多くは「打ち出の小づちなんて」と懐疑的だ。が、政治決断さえあれば明日にも実行できる。
    • 頭でっかちで想像力の無い連中が個々まで悪化させたわけだ。
  • 筆者案は、日銀が100兆円の資金を発行して、政府に渡す。政府は100兆円の日本再生基金を設置する。100兆円は、何もかのニュートリノの観測装置「スーパーカミオカンデ」で知られる岐阜県神岡鉱山の深奥部に埋める必要はない。民間を競わせ、日本の復興再生事業プランを出させる。そこで政府は優れた技術開発、投資プロジェクトをいくつも選び、投融資する。
    • 筆者案か?
  • そうすればケインズの妙案と同じ効果が生まれるだろう。政府は民間投資主導の経済成長軌道を作り出すことになる。増税しては予算をばらまく、民主党の野田佳彦政権の路線では、国内で設備投資は起こらず、企業は海外に逃げるばかりだ。
    • 一応そのとおり
  • この100兆円には確かな根拠がある。政府はこれまで、国民の貯蓄100兆円以上を吸い上げては、米国債を買い上げ、外貨準備を増やしてきた。表 向きの理由は、円売り・ドル買い介入による円高阻止なのだが、現実にはドル安が止まらず、外準の為替評価損は実に40兆円以上に上る。政府・日銀の無策の ために消費税率20%による税負担1年分に相当する富が失われている。ならば、政府は保有米国債をそっくり日銀に売り、現金に換えればよい。
    • それでも足り無いかもね
  • 日銀はその分、お札を刷る、つまり「量的緩和」を行うのだから、円安になる。すると、米国債の円換算価値は増えるので、日銀財務は潤い、健全化する。円安につれてデフレも緩和し、日銀が新たに言い出した「1%の物価上昇のメド」達成も可能になってくる。
    • 5%位いかないと20年の遅れを5年で取り戻せ無い計算
  • 政府は資産を別の資産に置き換えるのだから、債務は増えない。重債務国のギリシャにはできない、世界最大の債権国日本だからこそできる離れ業である。
    • そのとおり
  • 筆者はリーマン・ショック後や東日本大震災後と数度にわたって、100兆円プランを提起し、政府要人にも直接提案したこともあったが、反応はほとんどなかった。
    • その前の自民党も駄目だったね。他も強く言うところは相手を遠慮していた。当時は馬鹿にされてもいいからという気骨のあるものがいなかったし、理論武装できない輩ばかりだった。
  • だが、政治の新潮流は同種のプランを引き込みつつある。「石原新党」は「100兆円の政府紙幣」発行を提唱する準備を進めている。既成政党のみんなの党や元財務官僚の高橋洋一嘉悦大学教授は「政府が100兆円のお札1枚を発行して、日銀に持ち込め ばよいだけ」と解説する。
    • ようやく大物がこれらのことを理解し始めたようだ。
  • 旧型思考に凝り固まった頭を切り替えるだけで、あとは政治決断さえあれば、コスト・ゼロで日本再生の道は開けるのだ。
    • 全くそのとおり虚数のような質量ゼロの数字を増やすだけで経済運営がうまくいくのだ。
    • 前文最後の「いくのだ」が「行く野田」になってもらいたいノダ

拍手[2回]

PR
♦ベーシックインカムを真剣に考えてもらうにはどうしたらよいものか。 結構良いページですね 
 
         これ  http://t.co/NHerGpe 
  
  
  日本が21世紀初頭の今において、この制度を採用したならば、安心した生活保障により
人心の安定が得られ、貧困状態の国民が目の前の生活の為に義務的な労働から解放され
易くなったであろう。 また実質的な経済規模の番付でも米国に次ぎ2位を維持しただろう。 
--------------------------------- 
 
ベーシックインカムとは: 
国家が国民一人ひとりに 
(1)無条件で、かつ(2)均等に配分し、かつ(3)安定的に配分する方法により、 
国が憲法に定めた国民の最低生活の保証に近づけるために行う制度である。 
 
個人が金銭的に余裕を持つと時間的余裕も得られ頭を使う時間ができて、 
自分にあった労働を考えられるようになるれば、 
人は自身の人身供養に従事し義務的に費される時間を減らすことができる。 
 
基礎的な分配金が長期間に渡り安定的な制度として定期的に配られると、 
国民は経済的な自由を得る事ができるようになる。 
結果、自由な労働を獲得できるようになるということである。 
 
さらに、この効果として労働する者の経済的な余裕与え、 
それが時間的な余裕を生み、これが精神的な余裕へと発展し、 
各々が人生の設計を立てやすくなり、労働に関しての熟考する機会が与えられる。 
 
その結果として、労働の分配が個人において自由意志となり意欲を増し、 
産業は労働の再分配と苦役への報酬の最適化が促す。 
同時に国の産業にとっても生産効率の向上を齎すことになる。 
 
人は贅沢を望まなければなんとか生きられるという資金を得て安心し、 
国民は豊かな人生を歩むことができるようになり、 
経済的余裕を持って人生を考える時間が出来ることは、 
余暇が増え労働が分配されるだけでない。 
 
国民それぞれが安心した社会は犯罪の減少させるだろう。 
また余暇の過ごし方、趣味の実践など直接幸せを感じる機会が多くなるということである。 
日本のようなこれは民主主義の政府であれば理想としているものではないであろうか。 
 
この基礎分配の仕組みは人類・国家にとって理想的な経済運営であるのだが、 
21世紀初頭には受け入れられないであろう。 
 
このような革命的な考えは21世紀初頭にはまだ理解できる人は少ないであろう。 
丹羽春喜(大阪学院大学教授)の財政を理解できる物が少ない。 
 
この国家の経済運営の方式の提唱は、奇異な目を持って見られるに違いない。 
あたかも天動説を信じている人間に、地動説を語るようなものだ。 
国が国民に無条件で定額の給付をすることは、国民にとって現代の地動説と言える。 
 
多くの国民が、天動説を信じている。ガリレオが出現する前の世界に住んでいる。 
全く常識であり、自分の間違いに気が付かない。 
今、民が信じているその財政健全化至上説の事である。これ金科条だ。 
政治家・マスコミ・米国・海外資本家・銀行・公務員などが、 
目先の自分の独占的な力を維持しする為、権利を行使する為、民を管理したい欲望を叶える為
の猛烈な宣伝活動を行った。そして民は奴隷状態に置かれたままだった。 
 
この財政健全化至上説を21世紀初頭の日本人の常識として国民は捨てることができないであろう。 
 
他にも誤った常識の例を一つを挙げる。それは 
【「国民の金銭的財産の通貨を徴税する、それを国家が分配する」のが国家財政の仕組み】 
 と思っている人が多いが、間違いだ。 そうではなく 
 【「国が予め配った通貨を国民から一部を徴収し、それを分配する」のが財政運営の仕組み】 
というのが正しい。 
予め民に配らなければ、回収できる税金が有る訳が無いでしょう。  
今のところ国家だけが通貨を作ることが出来るのだから。 藩札の発行も良い。 
 
国家は、集めた資金をどのように分配するかの権利を握っている。 
どこに配るかである、民に直接配るか、企業に配るかである。 
 
どちらが直接的に一部の貧困を救えるかといえば、「民に直接」であることが明らかである。 
 
この分配の方法の変更は決して、直接的に通貨の量的増加を伴わない。 
つまり単なるインフレ目標策ではない。 
 
誰しも均等に最低限の分配を行うことは通貨の水増しではない。 
分配方式を単純で明快なものに変えただけである。 
 
このように民が現在の天動説に気が付き、地動説を理解できたとき、日本は変わる。 
基礎的に定額の通貨を頒布する制度(ベーシックインカム)を採用すれば、 
きっと日本の未来は変わった・・・であろう。 
 



こうして私は未来から過去に戻って、愚かな当時の日本国民に対して「未来は変えられる」と伝道していた。 

拍手[2回]


拍手[3回]

HOME
ブログ内検索
検索はここから
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
私は何者?
HN:
気ままな父さん
年齢:
61
性別:
男性
誕生日:
1956/10/12
職業:
フリーター
趣味:
預言 つぶやき 経済統計 数学
自己紹介:
海外を渡って、所謂イルミナティ(気弱な金持ちの互助会)と対峙している世界を見た。
その中に飛び込んだ経験から、陰謀論的な書き込みに見えるかもしれないけれどもが、
体験したもののとか確信したものを積み立てた結果を書いています。
ですが、普通の人には結構驚いてくれるかもしれませんね。
パッと目には陰謀論じゃないとみられることもある内容です。
すべて体験済のことがベースです。フィクションを書くつもりgはありません。
ま、そんな感じでオリジナルな分析で好きなこと書き込んでます。
IX お魚のマークです  I l o v e j e s u s
Skype=basic_income
プロフィール
HN:
気ままな父さん
年齢:
61
性別:
男性
誕生日:
1956/10/12
職業:
フリーター
趣味:
預言 つぶやき 経済統計 数学
自己紹介:
海外を渡って、所謂イルミナティ(気弱な金持ちの互助会)と対峙している世界を見た。
その中に飛び込んだ経験から、陰謀論的な書き込みに見えるかもしれないけれどもが、
体験したもののとか確信したものを積み立てた結果を書いています。
ですが、普通の人には結構驚いてくれるかもしれませんね。
パッと目には陰謀論じゃないとみられることもある内容です。
すべて体験済のことがベースです。フィクションを書くつもりgはありません。
ま、そんな感じでオリジナルな分析で好きなこと書き込んでます。
IX お魚のマークです  I l o v e j e s u s
Skype=basic_income
フリーエリア
最新CM
[12/18 中国 偽ブランド]
[12/17 ルイヴィトン 財布韓国コピー]
[12/17 ルイヴィトン財布コピー]
[12/16 時計コピー]
[12/16 ブランド コピー]
[12/16 偽ブランド財布]
[12/16 Heidi Reynolds]
[12/11 ルイヴィトンスーパーコピーN級品]
[12/10 Virginia Williams]
[12/09 ロレックス スーパーコピー]
[12/06 Virginia Williams]
[12/01 Virginia Williams]
[11/24 ロレックス時計]
[11/23 オメガ時計 メンズ]
[11/20 Best Apps for Android Mobile Phone]
[11/05 Andrea Gibson]
[10/30 コピーブランド]
[10/30 フランク ミュラーコピー]
[10/30 偽ブランド 通販]
[10/29 ブランド激安市場時計専門店]
[10/29 エルメスコピー]
[10/29 偽ブランド 通販]
[10/29 ブランド偽物]
[10/29 ウブロブランド激安市場]
[10/28 ブランドコピー]
最新記事
(12/01)
(11/08)
(07/29)
(07/25)
(05/19)
(05/03)
(05/03)
(04/09)
(03/11)
(03/04)
(02/23)
(02/23)
(02/23)
(02/23)
(02/16)
(02/16)
(01/24)
(12/24)
(10/13)
(09/14)
(08/19)
(07/16)
(07/06)
(06/11)
(06/09)
バーコード
アーカイブ
最古記事
(01/01)
(08/23)
(11/08)
(11/08)
(11/08)
(11/08)
(11/09)
(11/10)
(11/10)
(11/15)
(11/20)
(11/21)
(11/28)
(12/07)
(12/09)
(12/10)
(12/15)
(12/23)
(05/31)
(06/02)
(06/10)
(08/13)
(08/13)
(08/13)
(08/16)
P R
ブログ内検索
アクセス解析
人気ブログランキングへ
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) 日本倒産(銀行資本主義に騙され見破れなかったある極東の国家の末路の歴史「22世紀の世界史教科書13ページ」) All Rights Reserved