忍者ブログ
偏向報道に慣らされた国民よ! ぼんやりと TV なんか見ている場合じゃないよ!

 何かしらの事件の多くは、想像するより大きな比率で意図的に行われているのを認識していますか? もし誰かの意図が無いとしてもその事件を、何らかの勢力によって政治的な利用されることはとても多いのだ。

 自分は安全地帯に居るというのは錯覚である。
日本全体は今、もうすでに、砲弾を交わさないものの、戦争状態である。

 事件が起きることが分かるなら、それを予見したいものだ。
しかし、それには大変な労力と時間を要する。ましてや既に偏向された情報に溢れた中では、
貴方ひとりで単独で真理を掴むなどのウルトラCは最早全く不可能である。

 さりとて、我らが子孫が危機に陥る時代を指を加えていて良いものか?
できれば、貴方も真理を見据える力を持って置きたい、と思わないか?

 そこで、見極める目を身につけるために行う基礎的なことが2つある。

 1つ目は間違った偏向報道から離れることである。毒の入力を止めることだ。
具体的にはアカヒや国売や毎日などの新聞の購読を辞めたり、
時計代わりに流しているだろう朝のおバカ番組、特に地上波のTVを止めることである。

 2つ目は、健康な情報の養分を入れることである。
具体的には、マトモな意見を述べる識者から有益なニュース解説を観ることだ。

 健康な情報分析力を持つ為の手段として、我々には今近道が有る。
事件を見極め真理を見透す目を養う為に近道のことだ。

 その番組の代表は「虎ノ門ニュース」である。
これを初めて観る人は驚くことが多いだろう。目からウロコの人も多いと聞く。
ダラダラと見ていることができればそれでも殆ど間違いはない。

そこで 22世紀の教科書 は、「虎ノ門ニュース」の頁を自動リンクをして
毎日観られる頁としました。使って下さい。

虎ノ門NEWるのリンクページ:自動で毎日増やします。


by 気ままな父さん

拍手[1回]

PR
議員歳費(国会議員の報酬)の額に依る国家の損失
賄賂などに屈する議員がいるのはなぜか?
議員が売国アルバイトをすることで国家に損失を与える影響を
国家崩壊までと仮定して金額にして考察してみた

文書20120817
https://1clickurls.com/ZHkhJ-r
since 2012/08

関連の書込
売国奴を生まない国会議員歳費の増額の提言 コンプラドールの予防線 非常に有効 http://nippon.tou3.com/Entry/329/
#defle
気ままな父さん



文書復旧に伴うリンクの修正

拍手[1回]

ビタミンD
  「太陽だけで」人間に必要な分が作られる
    感染菌への抵抗力は強い
  太陽が人間に与えてくれた「病原菌への対抗物質」

冬は紫外線量が少ない
  ヒトの体内のビタミンDが減る
    風邪やインフルエンザが冬に流行

太陽光が減る
  人間は感染症にかかりやすくなる

太陽活動が活発になると、
  白血球が減少する傾向

太陽活動が強い時には、
  免疫をつかさどる好血球が減少気味
    病気が流行しやすい


拍手[0回]

先に結論から:

気ままな父さんのコメント:
 このウエストファリア条約は、世界的な規模の国家の約束事「条約」を文書にした魁(さきがけ)でした。

・要約すれば、
「過去のことは言い出したらきりがないから、過去の敵対行為は、互いに全て忘れる努力をしよう。そしてお互いに赦そう。それは密にも公然でも、直接間接を問わず、請求権利の有無に関係なく、そして域内外どこでも、以前の如何なる協定も廃棄しよう。不正や害を与えるのをやめよう。されることを許さないようにしよう。すべての敵対行為はやめよう。他人を巻き込んで相手を攻撃するのはやめよう。主張できる全てを忘れよう。」ということが書いてあります。


・コメント1:
 赤字の部分は特に大事で、現在の朝鮮(北朝鮮と南朝鮮:韓国)並びに崩壊前の中国共産党(支那の場所に有る国)が違反している部分である。
 具体的には、「互いの憎しみを減らす努力をしていない。」からです。

・コメント2:
 驚く人も居るかも知れないが、日本もこの条約には違反している。もちろん平和への努力はしているが、この一文です、それは。

「何人たりとも誰に対しても何らかの不正や害をなしたり、なされることを許したりしないものする。に違反しているからです。
                     by 気ままな父さん @ 22世紀の教科書©





神聖ローマ皇帝とフランス国王およびそれぞれの同盟者の間の平和条約




 最も神聖にして分かちがたき三位一体の名において。関係する、あるいは必要である全ての各人に知らしむべし。過去長年にわたって不和と民の分断がローマ帝国において掻き立てられ、それは<各地>の<力ある君主>達、それはキリスト教徒の血の多大なる流出と諸地方の荒廃とをもたらした。神の恵みのみわざにより、〔また〕キリスト教世界全体が混乱の内にあるこの悲しき時勢において公共の福利と平穏のための助言を供し続けてきた最もやんごとなきヴェネツィア共和国の努力によって後押しされ、ついに双方の側において普遍的な平和の考えを抱くに至った。そしてこの目的のために、両者の相互の合意と協定により、主の年一六四一年、十二月二十五日(新暦)<補足><偉い騎士たちと仲介者>―およそ五年の間大いなる精励そして全く無私の精神をもってこれらの事項における仲介者たる意思をもち続けてきた―の仲介および介在により、天の助力を懇願し、互いに書状、委任状、全権委任状(その写しはこの条約の末尾に挿入されている)をやりとりしたのち、神聖なるローマ帝国の選帝侯、その他の諸侯および諸邦の臨席する場において、神の栄光およびキリスト教世界の福利に向け、以下の条項が合意、同意された。

第一条〔平和の樹立〕
神聖なる皇帝陛下および神聖なるフランス国王陛下の間に、そしてまた<権力者達>とその諸邦を他方として、キリスト教徒の普遍的な平和が到来すべきである。この平和と友好が誠実かつ厳粛に遵守され、培われるよう、各締約国は他の締約国の福利、名誉、利益を得るべく努め、それによりすべての陣営、ローマ帝国のフランス王国との、またフランス王国とローマ帝国との間に、誠実な近縁関係ならびに変わらぬ平和と友好の努力の習慣とが力を回復し、栄えるようにする。

第二条〔免責〕
 敵対行為が行なわれた場所、しかたを問わず、これらの戦乱の開始以来犯されたすべてのことについては、互いに永久に忘却、大赦、赦免が行なわれるものとする。


 それにより、いかなる口実のもとであろうと、何人たりとも互いに敵対行為を行なったり、敵意を抱いたり、問題を起こしたりすることは、身体、所有物、安全のいずれにかかわるものであろうとも、自らによっても他のものを使ってでも、密にでも公然とでも、直接にでも間接にでも、権利の旗印のもとにでも行為によってでも、帝国の領域内においても領域外においても、以前になされたそれに反するいかなる協定があろうとも、ないものとする。


 何人たりとも誰に対しても何らかの不正や害をなしたり、なされることを許したりしないものする。そうではなくむしろ、戦争以前または戦争中にそれぞれにおいて、生起したすべてのことは、言葉、文書、非道、暴力、敵対行為、損害、出費のいずれであろうと、〔被害を受けた〕人や物に関わりなく、完全に排されるものとし、それによりそのために互いに要求される、あるいは主張されるかもしれないすべてのものは永遠に忘却のうちに埋められるものとする。  翻訳者:気ままな父さん©


条約の全文のリンク先: https://bit.ly/2MDpnWe


拍手[1回]

ドイツは何故、嫌日になったか
2015年

資料:
イギリスの放送教区が調査:
嫌日の国民の比率は46%と韓国、中国に次いで多い。
日本人がドイツに抱いている考え方と大きく隔たっている。

推測:
日本は韓国、中国の宣伝戦に負けたのだろう。
韓国、中国はヨーロッパにおいて、日本に対する悪口を大きくばら撒いている。
手段は、特に、新聞や雑誌を使っての宣伝。

掲載の内容:
尖閣諸島や竹島についても、中国や韓国は自国の領土だという宣伝広告を定期的に掲載

宣伝効果:
小さな金額で大きな宣伝効果が得られるからだ。日本はこの点で大きく遅れている。

宣伝の結果:
日本に対する悪いイメージはドイツだけでなく、ヨーロッパ全体に広がっている。

今後:
このようなイメージを植え付けられたら、国民の感情は決して良くならない。

日本の対処:
日本の外務省は海外での宣伝を殆どしていない。
何もしなければ中国や韓国の思い通りに進んでしまう。

日本への箴言:
今後は日本も、海外の新聞や雑誌を使って日本の考え方を掲載していくべきだ。
正しいことを正しく伝える、という事をしなければ、ウソが罷り通り”本当”になる。
韓国や中国のインチキな情報がEU全体に広がっている事を外務省は知っている。
しかし在外公館は一体何もしていない。

日本公館役人:
高給を貰っている在外公館の人間は、日本が不利益を受けている事実を知っている。
だが、何もしないで指を咥えて見ているだけだ。
日本の状況を広め、正しいことを正しく伝える、と言う行動に出るべきだ。

いつから対処するか?:
韓国や中国のウソの情報が広まった段階でも遅くはない。

どうやって:
例えば、毎月1か、新聞と雑誌に日本の情報を掲載する。

内容は:
正しい歴史や国土のことを掲載することで、ヨーロッパ人たちに日本の理解を深める。

結論と原因:
ドイツが嫌日になったのは、まさしく外務省の怠慢である。

元記事:
https://blog.goo.ne.jp/yokosukaikeda/e/791d88c9e4e75507245e7aff7adf9834

拍手[1回]

ブログ内検索
検索はここから
カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
私は何者?
HN:
気ままな父さん
年齢:
62
性別:
男性
誕生日:
1956/10/12
職業:
フリーター
趣味:
預言 つぶやき 経済統計 数学
自己紹介:
海外を渡って、所謂イルミナティ(気弱な金持ちの互助会)と対峙している世界を見た。
その中に飛び込んだ経験から、陰謀論的な書き込みに見えるかもしれないけれどもが、
体験したもののとか確信したものを積み立てた結果を書いています。
ですが、普通の人には結構驚いてくれるかもしれませんね。
パッと目には陰謀論じゃないとみられることもある内容です。
すべて体験済のことがベースです。フィクションを書くつもりgはありません。
ま、そんな感じでオリジナルな分析で好きなこと書き込んでます。
IX お魚のマークです  I l o v e j e s u s
Skype=basic_income
プロフィール
HN:
気ままな父さん
年齢:
62
性別:
男性
誕生日:
1956/10/12
職業:
フリーター
趣味:
預言 つぶやき 経済統計 数学
自己紹介:
海外を渡って、所謂イルミナティ(気弱な金持ちの互助会)と対峙している世界を見た。
その中に飛び込んだ経験から、陰謀論的な書き込みに見えるかもしれないけれどもが、
体験したもののとか確信したものを積み立てた結果を書いています。
ですが、普通の人には結構驚いてくれるかもしれませんね。
パッと目には陰謀論じゃないとみられることもある内容です。
すべて体験済のことがベースです。フィクションを書くつもりgはありません。
ま、そんな感じでオリジナルな分析で好きなこと書き込んでます。
IX お魚のマークです  I l o v e j e s u s
Skype=basic_income
フリーエリア
最新CM
[05/13 シャネル スーパーコピー]
[05/13 エルメス コピー]
[05/13 ヴィトン スーパー コピー 財布]
[05/12 バレンシアガ コピー 通販]
[05/12 クロムハーツ ネックレス コピー]
[05/11 エルメススーパーコピーバッグ]
[05/11 ヴィトン スーパー コピー 財布]
[05/11 スーパー コピー バッグ]
[05/11 ルブタン 靴 スーパー コピー]
[05/11 supreme スーパーコピー]
[05/11 HERMES スーパーコピー]
[05/11 ブランド コピー]
[05/10 ヴィトンコピー激安]
[05/10 エルメススーパーコピーバッグ]
[05/10 スーパーコピー クロムハーツ]
[05/10 スーパー コピー 通販]
[05/10 偽 ブランド 通販]
[05/09 supreme コピー]
[05/09 supreme コピー]
[05/09 ブランド スーパーコピー バッグ]
[05/09 ルイ ヴィトン コピー]
[05/09 ルブタン スーパーコピー 通販]
[05/09 クロムハーツ コピー]
[05/09 ヴィトン コピー 財布]
[05/08 ブランド スーパーコピー]
最新記事
(05/09)
(05/04)
(05/04)
(04/30)
(03/23)
(03/15)
(03/14)
(03/14)
(01/30)
(01/15)
(01/12)
(12/29)
(10/22)
(08/30)
(08/15)
(07/26)
(05/09)
(04/13)
(02/27)
(02/04)
(01/09)
(12/01)
(11/08)
(07/29)
(07/25)
バーコード
アーカイブ
最古記事
(01/01)
(08/23)
(11/08)
(11/08)
(11/08)
(11/08)
(11/09)
(11/10)
(11/10)
(11/15)
(11/20)
(11/21)
(11/28)
(12/07)
(12/09)
(12/10)
(12/15)
(12/23)
(05/31)
(06/02)
(06/10)
(08/13)
(08/13)
(08/13)
(08/16)
P R
ブログ内検索
アクセス解析
人気ブログランキングへ
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) 日本倒産(銀行資本主義に騙され見破れなかったある極東の国家の末路の歴史「22世紀の世界史教科書13ページ」) All Rights Reserved